将門塚から神田明神へ、反逆者なのか英雄なのか平将門の足跡

皇居と東京駅の中間に位置し、多くの地下鉄が交差する大動脈・大手町駅を中心とした大手町。現在、高度経済成長期に建設された多くのビルが老朽化を迎え、高層ビルへ建て替える大規模な再開発が行われています。その再開発地域の一角に、平将門の首塚(将門塚)はあります。再開発はこの将門塚を避け進められています。

平将門の首塚(将門塚)
平将門の首塚(将門塚)

また、ここ将門塚は神田明神創建の地でもあり、江戸時代に現在の地へ遷座しました。
というこで、今日はここ将門塚から神田明神へぶらぶらします。

平将門の首塚(将門塚)

京の都大路で晒された将門の首、3日目の夜空に舞い上がり故郷を目指し飛んで行きました。そして首は大手町のこの地に落ちたとされます。その他、数か所に落ちたともされおり、それぞれに首塚が建てられています。
その後、村人が首塚を築いたがこの地の周辺で天変地異が頻発し、将門の祟りとして人々を恐れさせることとなりました。しばらくし、時宗の遊行僧がこの地に訪れ塚を修復し供養したとされます。

 

将門塚解説
将門塚解説
首塚の碑
首塚の碑

住所・地図

東京都千代田区大手町1丁目2−1

関連ページ

  • 神田明神

神田橋

将門塚から皇居と反対側にある日比谷通りを北へ、しばらく進むと神田橋があります。

神田橋
神田橋

美土代町

神田橋を渡り、美土代町の交差点。

美土代町
美土代町

小川町

さらにまっすぐ進むと、小川町の交差点へとたどり着きます。

小川町
小川町

駿河台

さらにまっすぐ進み、駿河台の三叉路を道なりに進むと、神田明神まであと450m。

駿河台
駿河台
神田明神まで450m
神田明神まで450m

聖橋

さらに進むと新御茶ノ水駅へ到着。その隣の聖橋を渡っていきます。

聖橋
聖橋

湯島聖堂前

聖橋を越え、さらに進んでいくと湯島聖堂前交差点に到着です。

湯島聖堂前
湯島聖堂前

神田明神

湯島聖堂前交差点を右折し、しばらく進むと神田明神の鳥居発見です!

神田明神
神田明神

到着!!

あとがき

歴史の授業で習った平将門。関東の豪族として生まれ、壮絶な戦乱の世を駆け抜けた人生、そして悲劇的な死。その死後も逸話や伝説が多くの人々によって語り継がれてきました。朝廷への反逆者、悲劇のヒーロー、民衆の代弁者、新時代の開拓者など、歴史とともに評価も移り変わり、そしていま、江戸東京を見守り続ける神田明神の御祭神として祀られています。