東京十社

東京十社絵馬明治元年(1868年)、明治政府は氷川神社の例大祭を新たに「勅祭(ちょくさい)」に定め、それまでの畿内二十二社などの勅祭社に併せ、明治天皇の住居(今の皇居)を守護すべく東京近郊の12の神社を「准勅祭社(じゅんちょくさいしゃ)」として定めました。当時の准勅祭社は、日枝神社根津神社芝大神宮神田明神白山神社亀戸天神社品川神社富岡八幡宮王子神社赤坂氷川神社、大国魂神社、鷲宮神社の12社でした。ただすぐ後の明治3年(1871年)に准勅祭社制は廃止され、東京府社や郷社などの「近代社格制度」というものとなりました。「近代社格制度」は第二次世界大戦後に廃止されたが、「旧社格」などの名称で今日も神社の格を表す目安として使われることがある。 昭和50年(1975年)、昭和天皇即位50年を奉祝して、旧准勅祭社から遠隔の大國魂神社と鷲宮神社を外した10社を巡る「東京十社巡り」が企画され、「ご朱印帳」や「記念絵馬」など観光的な要素を濃くして現在に至っています。

ご朱印帳と記念絵馬

東京十社巡り御朱印帳「東京十社巡り」は、各神社で参拝記念に絵馬が売られています。現在、東京十社絵馬(初穂料各 300 円)や「東京十社めぐり」の御朱印帳(初穂料 1,500 円)を、各神社にて授与しております。

東京十社マップ