台風一過!金刀比羅宮(こんぴらさん)を参拝です

2017年8月8日、台風一過。

車中で台風が過ぎるのを待ち、早朝に瀬戸大橋を渡って四国へ上陸。



さて、次の目的地まで時間があるので、これから「こんぴらさん」をお参りしたいと思います。

金刀比羅宮について

「金比羅宮刀(ことひらぐう)」は香川県仲多度郡琴平町に鎮座する神社です。こんぴらさんと呼ばれて親しまれています。御本宮まで続く長い長い石段が特徴で、参道入口から御本宮まで石段の数は785段、奥社までは1,368段あります。

住所・地図

香川県仲多度郡琴平町892-1

御祭神

  • 大物主命(大国主命)(オオクニヌシノミコト)
    因幡の白兎(稲羽の素兎)にて素兎に助言し、八上比売(ヤガミヒメ)と婚約した事を兄神(八十神)に妬まれ二度殺される。また根の堅州国に行き、スサノオの娘である須勢理毘売(スセリビメ)に出会い惚れ、スサノオの試練を乗り越え、スセリビメを妻に迎え葦原中国を譲りうける。その後、何人かの妻と、多くの子供をもうけつつ、少名毘古那(スクナビコ)と協力し国作りを完成させる。しかし、高天原のアマテラスが「地上は私の子孫が収める!」と、建御雷之男神(たけみかづち)などを派遣し要請され完敗するも、天高くそびえる神殿(現在の出雲大社)の建設を条件に国を譲った。

表参道から石段へ

朝9時に到着。まだ、人はまばらです。

表参道




表参道を進んだ先に一段目。ここから始まる苦難、まだ知る由もなし。

一段目


百段を過ぎた頃に「備前焼 狛犬」が。まだまだ元気です。

備前焼 狛犬


坂が急になってきました。だんだん疲れてきました。

一ノ坂


ここで最初の追い打ち。。まだまだなんだ。

二九四段

先に見える建物を目指す。。きっとあそこがゴール!?

大門に到着!全然ゴールじゃなかった。。まだ半分もきていなかった。。

大門 石段365段

大門を抜けると「桜馬場」平坦だけど。。暑い。。

桜馬場

桜馬場を抜けた先に「桜馬場西詰銅鳥居」。立派な青銅の鳥居です。

ここからまた石段が始まりです。

桜馬場西詰銅鳥居 431段

限界。。写真をとってる余裕がない。。ひたすら歩いてしまった。

次に撮影していたのは。「旭社」。で、よく見ると帰路に寄れと。

旭社 628段

元気だったらまた来ます。。

「旭門」の右手に「黄銅鳥居」。その先に「賢木門」。

黄銅鳥居
賢木門 642段

厳かな雰囲気。御本宮に近づいてきた感じがします。

賢木門を抜けた先に「手水舎」がありました。いよいよ、御本宮です(よね?)。

本宮手水舎 652段

いよいよ。最後の!?石段です。

御前四段坂

着いたぁ〜!!御本堂に到着です。

御本宮 785段

無事にたどり着けました。

眺めもいいですねぇ〜。汗びっしょりですけど。。

御本宮からの眺望

この先「奥宮」。。今回は断念。時期を選ぼうと思います。。

御朱印

社務所で御朱印を頂いて、今度は下ります。

御朱印

表参道で朝ごはん

やっとのことで、石段を下り表参道に辿り着き、少し遅めの朝ごはんを頂きました。

おでん
うどん

勢いで来てしまったけど、今度は計画的に時期と体力を見計らい、奥宮までお参りをしようと思いました。